2015年06月14日

ライノセラス Mac版 ついに発売(キャンペーン価格で!)

ライノセラスのMac版がついに発売になりますね〜。

明日の6月15日(月)。

やっとやっと、商品として完成したわけで、おめでたい気持ちになります。 何年も、発売時期はいつなんだと思い続けた方、感慨深い方が多いことでしょう。

http://www.too.com/company/news/y2015/0609.html

発売キャンペーン価格として、9月までは、5万円を切る価格。
お試し版として、無料で使えるのもあと3ヵ月弱。
Grasshopperなどプラグインはまだ使えないみたいですね。

きっと参考書もいくつか発行されるのでは。

いま現在、ライノセラスの参考書としておすすめできるのは何と言ってもRhinoceros ver.5入門/是枝靖久【送料無料】(楽天へ)です。

posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 22:31| ライノセラス Mac版

2015年01月12日

ライノセラスのショートカットキー設定方法

ライノセラスのショートカットキーの設定の仕方です。 Rhinoceros>Commands>Customizeと進んでコマンドエディタを開きます(Rhinoceros >Preferencesでライノセラスの環境設定を開き、コマンドを選ぶことでも同じ画面へ行けます)
rhinoceros mac 29.png




rhinoceros mac 40.png
パレットの中のコマンドを選び、上部のスクリプト部分(グレー)をクリックします。その後、右下のキーボードショートカットに、キーコマンドを入力して保存すれば、ショートカットキーの設定終了です。

最後に保存するのを忘れないようにしましょう。
posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 09:43| ライノセラス Mac版

ツールパレットのカスタマイズ その5

ツールパレットを新たに作ったり、カスタマイズする方法を述べてきましたが、コマンドそのものをカスタマイズする方法を述べてみます。

ここでは例として、クリックひとつで、パレットを表示できるようにします。つまり、ウィンドウ>Active Tool Palettes>「あたらしく作ったパレット」という操作でパレットを表示しているところを、コマンドアイコンをクリックするだけで済むようにします。

Rhinoceros>Commands>Customizeとコマンドカスタマイズ設定画面へと進み、 新しいコマンドを追加するパレットを開きます。
rhinoceros mac 36.png
この+ボタンを押すと、空のコマンドアイコンが追加されるので、


rhinoceros mac 37.png
ここをダブルクリックします。


rhinoceros mac 38.png
そうすると、コマンド名やスクリプトを入力できるようになります。



rhinoceros mac 39.png
「'_ShowToolPalette ツールパレットを選択 ( ToolPalette(T)=3Dデジタイジング 表示(V)=いいえ UnderCursor(U)=いいえ AsMenu(A)=いいえ ) _ToolPalette=○○○○○ _Enter」
をスクリプトに書き込みます(もっとスマートなスクリプトがあるはずですが、私にはこれが精一杯でした)。
○○○○○はパレット名です。
これで、今後このコマンドアイコンをクリックすると、望みのパレットが表示されます。

どのような機能のコマンドにするかは、それぞれ工夫ができるところだと思います。
何か既存のコマンドを実行して、コマンドヒストリに記されるスクリプトをコピーしたり参照するなりして、独自のスクリプトを作れるのではと思います。

posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 09:10| ツールパレットのカスタマイズ

ツールパレットのカスタマイズ その4

左のサイドバーパレットの変更のし方は、
こちらの記事で述べましたが、最初のうちは、サイドバーにデフォルトで表示されている「メイン+標準」パレットをそのまま使って、
rhinoceros mac 35.png
下の方に単独のコマンドを付け足すのが良いかと思います。

そして、新しいパレットも一つ作り、コマンドを並べ、アクティブツールパレットとして、必要な時に表示して使うのが普通だと思います。

また、マウスの中ボタンでポップアップツールバーを表示させることができるのであれば、ポップアップのパレットをカスタマイズすると便利でしょう。
posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 06:25| ツールパレットのカスタマイズ

2015年01月11日

ツールパレットのカスタマイズ その3

下半分にあるコマンドアイコンをドラッグして、上のスペースに持ってくると、
rhinoceros mac 32.png
選択したパレットに追加することができます。



求めるコマンドは、一番下の検索ボックスで絞りこめます。
rhinoceros mac 33.png
「円」で検索した結果です。



rhinoceros mac 34.png
日本語でうまく望みのコマンドが出てこない時は、英字で、コマンドそのもののスペルを打ち込みます。
「box」の検索結果です。 このようにして、よく使うコマンドアイコンを集めていきます。

最後に、右下の「保存」ボタンを押すのを忘れないようにしましょう。

新しくファイルを開くと、コマンドパレットが変更されているのがわかると思います(ウィンドウ>Active Tool Palettes>「パレット選択」で新しく追加したパレットを表示できます)。
posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 09:31| ツールパレットのカスタマイズ

2015年01月07日

ツールパレットのカスタマイズ その2


コマンドパレットを作成するには、まず

rhinoceros mac 29.png

Rhinoceros>Commands>Customizeと進みます。



rhinoceros mac 30.png
私は最初、デフォルト(読み取り専用)とあったので、コマンドのカスタマイズは、まだ開発中のためにできないのかと思いましたが、デフォルトをコピーすると、そのコピー全体をカスタマイズすることができます。うまくコピーできないときは、この+マークをクリックしてください。コピーを作成できます。



デフォルトのコピーができたら、上の画像と同じく、+をクリックします。
rhinoceros mac 31.png
何もコマンドの入っていないパレットが作成されます。

posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 21:15| ツールパレットのカスタマイズ

ツールパレットのカスタマイズ その1

以前にも述べましたが、ツールパレットのカスタマイズは、ライノセラスのカスタマイズの醍醐味が詰まった作業です。

新たなパレットを作って、コマンドアイコンを並べていきます。
rhinoceros mac 28.png
私は、普段、主に使うコマンドは20にも満たないと感じたので、1から作り直しました。標準のものと違って、アイコンに小さな黒い三角がないのがわかるとおもいます。プルダウンメニューが表示されることのなく、単独の機能をアイコンに振り当てています。

多くの機能を使う方は、標準のパレットにプラスしていくというやり方もあります。

この単独のアイコンは、ためしてみる価値があると思います。ライノセラスのアイコンの、小さな違いを覚えることができるので、まずは単独アイコンを並べ、使いこなせるようになるとともに、似た機能のものをまとめていけばよいと思います。

posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 06:45| ツールパレットのカスタマイズ

2015年01月05日

ライノセラスMac版のユーザーガイドが日本語で!

すごい! Mac版ライノセラスのユーザーガイドが日本語で読めます。

http://wiki.mcneel.com/ja/rhino/mac/home

の、「Mac版Rhino入門/チュートリアル」赤いボトルの動画サムネイルのすぐ下に、

Mac版Rhinoユーザーガイド(日本語)Macオンラインバージョン
これらのチュートリアル用のモデルのダウンロードはこちらから: チュートリアルファイルのダウンロード
Mac版RhinoのPDF版のユーザーガイドもあります。(日本語)


とリンクがあります。

ちゃんとMac版の画面が説明されてます(当たり前のこととも言えますが、これまでWin版の情報でやりくりしていた者としては、すごく嬉しい)。

さっそく勉強をはじめています。
posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 19:16| ライノセラス Mac版

2015年01月04日

サイドバーパレットとアクティブツールパレット

左のサイドバーパレットを、
rhinoceros mac 26.png
標準のものではなく、別のものにしたければ、



rhinoceros mac 25.png
Rhinoceros >Preferences>テーマへと進み、
サイドバーパレットを、標準から、別のものに変えます。
ここには、自作したツールパレットを表示させることもできます。
ツールパレットを自作したら、ここで表示を変更しましょう。



画面上のどこにでも置けるアクティブツールパレットは、
rhinoceros mac 27.png
ウィンドウ>Active Tool Palettes>「パレット選択」で表示できます。
このパレット表示も、インスペクタサイドバーと同じで、ファイルに関係なく、変更が維持されます。
posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 16:24| サイドバーパレット

インスペクタサイドバーのカスタマイズ

私は、画面右にある、インスペクタサイドバー(インスペクタパネル)を3分割にしています。
rhinoceros mac 23.png
一番上をレイヤ、二番目をオブジェクト、三番目をヒストリにしています。



この分割数を変更するには、
rhinoceros mac 20.png
Rhinoceros >Preferencesでライノセラスの環境設定を開き、



rhinoceros mac 21.png
テーマをクリック。
rhinoceros mac 22.png
インスペクタサイドのセクション数を変更します。



そして私の場合、ふだんあまり使わない、二番目のオブジェクトの上に、アクティブツールパレットを置いています(インスペクタサイドバーは、たたまずに、常に表示したまま作業してます)。
rhinoceros mac 24.png
これは、カスタマイズしたツールパレットで、左のサイドバーパレットにも同じものが表示されるようにしています。同じコマンドアイコンが左右にあるこの状態が心地よいのです(たぶん、一時心地よい気がしているだけだと思うのでおすすめしません)。


posted by ライノセラスMac版に魅せられて at 15:28| インスペクタサイドバー